« 別サーバー上のDBのテーブルを同時更新したい | トップページ | SQLServerのトレース採取方法 »

2005年6月17日 (金)

バックアップログの切捨て方法

Microsoft SQL Server Ver7および8

頂いたメールより抜粋。
----------------------------------------------------------
トランザクションログのバックアップ方法は以下の通りです。

備忘録として以下に記述。
1.      Working等アプリケーションの停止を確認。
2.      念のためDBのフルバックアップ。
3.      クエリアナライザから以下のSQLを発行。
        backup log DB名 with No_log
4.      対象DBの「すべてのタスク」-「データベースの圧縮」を実行。
---------------------------------------------------------

3は
BACKUP LOG DB名 WITH TRUNCATE_ONLY
でも可。

ヘルプより抜粋
-----------------------------------------------------
NO_LOG | TRUNCATE_ONLY

ログのアクティブではない部分をバックアップ コピーをとらずに削除し、ログを切り捨てます。このオプションを使って領域を解放できます。ログ バックアップは保存されないため、バックアップ デバイスを指定する必要はありません。NO_LOG と TRUNCATE_ONLY はシノニムです。
-----------------------------------------------------

ヘルプより抜粋
-----------------------------------------------------
BACKUP LOG DB名 WITH TRUNCATE_ONLY
この命令は、トランザクションログの切捨てと呼ばれる命令です。この命令を実行しても、トランザクションログファイルの物理的なサイズは、小さくなりません。

トランザクションログファイルのサイズが 2 GBのときに、この命令を実行
しても、切捨てした後の物理サイズは、命令の実行前と同じで変わりません。

しかし切捨てしたことによって、そのトランザクションログファイルの中身がすべて捨てられたので、2 GBの大きさすべてを、新しいログレコードの記録に使う事ができるようになったので、しばらくの間はトランザクションログファイルのサイズは 2 GBのままでしょう。当分の間は自動拡張しません。
-----------------------------------------------------

« 別サーバー上のDBのテーブルを同時更新したい | トップページ | SQLServerのトレース採取方法 »

SQLServer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックアップログの切捨て方法:

« 別サーバー上のDBのテーブルを同時更新したい | トップページ | SQLServerのトレース採取方法 »