« ダウンロード用ダイアログボックスのファイル名がソースの(URLの)ファイル名になる | トップページ | Oracle8iがインストールできない »

2008年4月 4日 (金)

「オブジェクトが閉じている場合は、操作は許可されません。」回避

ADO利用しているプログラムで、それまで上手くいっていたのに突然
If Not rstXXX.EOF Then  で
「オブジェクトが閉じている場合は、操作は許可されません。」エラーが起こるようになった。
ネットで探して以下のことをやったら解消できた。
ストアドプロシージャの1行目(ASの後)に
SET NOCOUNT ON
を追加。
(ストアドプロシージャでSELECT文を作成してレコードセットで読んでいる)。
 
何故解消できるかは不明(ネットで参照したページにも書いてなかった)。
 

« ダウンロード用ダイアログボックスのファイル名がソースの(URLの)ファイル名になる | トップページ | Oracle8iがインストールできない »

SQLServer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ダウンロード用ダイアログボックスのファイル名がソースの(URLの)ファイル名になる | トップページ | Oracle8iがインストールできない »