« VB.NETからのHULFTの呼び出し | トップページ | System.Security.SecureStringに値を入れる方法 »

2009年1月13日 (火)

VSSからローカル環境にする方法

1.開いているプロジェクト全部チェックイン。
2.ソリューション全体の最新を取得。
3.ソリューションを閉じる。
4.現在ある開発フォルダ(「○○PRJ」)を
別の場所にコピーする。フォルダ名を自分が
分かりやすい方に変更(例えば、「○○LOCAL」とか)
5.ローカル環境のソリューションファイル開く、
メニューのところの
「ファイル」→「ソース管理」→「ソース管理変更」、
すべてのプロジェクトを選択し、「バインド解除」を選ぶ、
指示に従い処理し、保存する。
6.上記で完了するが、見た目分かりやすくするのはローカル環境
フォルダにある「*.scc」、「*.vssscc」、「*.vspscc」ファイル
を全部削除する(サブフォルダ含め)

« VB.NETからのHULFTの呼び出し | トップページ | System.Security.SecureStringに値を入れる方法 »

VB.NET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VSSからローカル環境にする方法:

« VB.NETからのHULFTの呼び出し | トップページ | System.Security.SecureStringに値を入れる方法 »