« VSSからローカル環境にする方法 | トップページ | 書式がなくなった!! »

2009年3月 7日 (土)

System.Security.SecureStringに値を入れる方法

プログラムから任意のWindowsユーザーでexeを起動したかった。これは
Process.Startメソッドを使えば良いことが分かった。
ところが、パスワード用の引数がSecureStringという型で、文字型の値を直接与えることができない。
型変換メソッドもなかった。
パスワードのための型なので、そう簡単に変換できては困るからか。
サンプルをダウンロードして調べた結果、以下のようにしたら渡せた。
 
                Dim strPasw As String = "keiko"
                Dim password As System.Security.SecureString = New System.Security.SecureString()

                Dim intI As Integer = 1
                For intI = 1 To Len(strPasw)
                    password.AppendChar(CChar(Mid(strPasw, intI, 1)))
                Next
               

« VSSからローカル環境にする方法 | トップページ | 書式がなくなった!! »

VB.NET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: System.Security.SecureStringに値を入れる方法:

« VSSからローカル環境にする方法 | トップページ | 書式がなくなった!! »